2016レイコン制作 その1

世界水草レイアウトコンテスト2017、しめきり間近ですね。

私は、このコンテストに毎年応募しております。

昨年度の応募作品の制作過程を、振り返ってみます〜

2016年世界ランキング49位

Aqua Design Amano Co.,Ltd.

まずは、作品の方向性を決めるために
走り書き程度のスケッチを描きました。

家事の合間、育児の合間、寝る前とか。ほんの隙間時間に。

4歳の息子の絵と見分けがつかないクオリティだけど、気にせず

酔っ払った時も

ウンコにしか見えない。

どうやって作るんだ。。

結構たまってきたので、
部屋に広げて眺めてみます。

コンテストである以上、客観性が重要。
夫を呼び、印象に残るものを何枚か選んでもらいます。

こういう時ってだいたい、意外なものが選ばれますよね。

意見もいただきます。

・棲息環境の再現が弱い。
・遠近感ももっと出すべきだ。

たしかに!

お手本としてスケッチも描いてくれました。

棲息環境の再現(夫のスケッチ)

遠近感の強調(夫のスケッチ)

家建ってる!

だんだん頭がモヤモヤしてきました。。。

にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
にほんブログ村

コメント